国際活動団体データ

NPO法人 世界の砂漠を緑で包む会 詳細情報

団体・代表者名 和文 NPO法人 世界の砂漠を緑で包む会
英文 Non-Profit,Organization,International,Desert’s Green,association
フリガナ セカイノサバクヲミドリデツツムカイ
役職・代表者名 会長 大沢 俊夫
所在地

連絡先
郵便番号 〒921-8015
住所・担当者名 石川県金沢市東力2丁目26番2号
電話番号 076-292-0038
FAX番号
ホームページ http:/www8.plala.or.jp/tutumkai
メールアドレス
※メールアドレスはコピーできません。
設立年月日 1998年4月
設立目的 国際協力と人材育成を図り、世界各地域の「砂漠化問題」の解決をはじめ、「森林」の再生・保全「生物多様性」の持続等に関する事業を行い、生命の地球の環境保全に、寄与することを目的とする。
事業内容 日本植林ボランティア約400人と現地住民及び小学生宅にホームステイし、共同で170万本、1,700haに植林した。又、現地住民や学生8,000人に環境教育をした。早稲田、東京都市大と現地大学生計50人が研究と交流をした。現地住民、現地政府要人計24人招聘し、石川県の環境行政、伝統、文化に触れた。
入会条件 条件 会の目的に賛同し、共に行動できる方
入会金
会員数 個人数 370人
団体数 10団体
会費 月会費
年会費 2,000円
その他会費 無し
刊行物 年4回
団体PR 「緑が命」・「命の緑」を理念に砂漠緑化、環境教育、国際交流を目的に1998年に設立し、中国内蒙古阿拉善にて、約1,000万本、面積約4,000haを植林し、砂漠の生態環境の改善に役立ている。天津市、浙江省、安徽省、湖北省、青海省と生態保護林の植林を行い、エチオピアでは溜め池を造り、自生灌木の育苗に給水し、表土流失防止の植林を行っている。 2018年9月には、中国緑化基金会と「一帯一路」生態保護の植林事業、環境教育に関して覚書を締結した。
団体情報
  • 講演会・シンポジウム等を行っている団体

  • 国際交流事業等を行っている団体

  • 国際理解(外国人のための)事業を行っている団体

  • 国際理解(日本人のための)事業を行っている団体

  • 在住外国人のための生活オリエンテーションを行っている団体

  • 在住外国人から相談を受け付けている団体

  • ホームステイ受入を行っている団体

  • 翻訳・通訳サービスを行っている団体

  • 海外との交流(派遣及び受入)を行っている団体

  • 国際協力(物資及び資金援助)を行っている団体

  • フェアトレードまたは海外の物品販売を行っている団体

  • 地域住民との交流を行っている団体

  • 助成金を交付している団体

  • 活動対象地域
    (関連関係地域)
  • アジア

  • アフリカ

  • 日本

  • 活動拠点地域
  • 金沢市内

  • 能登地域

  • 加賀地域

  • 県外