<< 2014/03トップページ2014/05 >>
2014年4月30日

只今の展示:花岡コレクション展 



               花岡コレクション展
              [明治・大正の自然布]
            〜加賀で用いた仕事着展〜
展示期間:平成26年4月29日(火)〜5月11日(日)
展示時間:10時〜18時
休館日:平成26年5月5日(月)
(金)(土)は20時まで、最終日は17時までです。
お国染め研究家の花岡慎一氏が収集した染織品より、未公開のコレクションを中心に合計94点(初出品59点)展示しております。
明治から昭和初期まで用いられていた仕事着より、昔からの天然繊維を会場でご覧ください。
           
               武士の仕事着

   農山漁村などで明治時代から昭和初期にかけて
   使用された労働着です。

   梅枝に花籠模様 蔦紋      梅に鴛鴦模様 木瓜紋
        (現在あまり見られなくなった花嫁のれん)

展示期間中、加賀藩の紺屋職人の技術、友禅染の美意識、そして加賀の地で庶民の生活に使われてきた染織品の流れを見る事ができます。この機会にぜひ自然布の息吹を感じてください!

投稿者:石川県国際交流協会at 14:08 | サロン展示 | コメント(0)

2014年4月28日

クリスがまた来た!

いしかわ同窓会員(豪日協会で2012年と2013年に日本語研修IJSP参加)のクリス Chris Jameson が協会に来てくれました。

彼は、4月6日に来日し、約3週間で鹿児島〜下関〜広島〜岡山〜〜長野〜岐阜〜石川と電車やバスで回ってきたとのこと。

ワーキングホリデーを利用して、これから金沢で1年半ぐらい生活をする予定とのことです。早く仕事が見つかるよう祈ります。ご本人は英語教師をやりたいみたいです。彼もやはり日本の中では石川(金沢)が一番好きだそうです。

ホームステイの担当だった鈴木、日本語を教えた日本語講師の山本、桜井、村上、そして私も入って写真を撮りました。

研修や留学で石川県に滞在したことのある彼らが、いしかわ同窓会員として再び石川に戻って来てくれることは、本当に嬉しいことです。

桜井、村上、山本、クリス、田西、鈴木

投稿者:田西秀司at 13:01 | いしかわ同窓会 | コメント(7)

2014年4月25日

豪日協会春季日本語研修生の修了式

本日、オーストラリアの豪日協会が2週間の石川ジャパニーズ・スタディーズ・プログラムIJSPの修了式を迎えました。

今回、14名の研修生が来たのですが、途中で身内の不幸や仕事の関係でやむなく2名が先に帰国しました。今回、彼らは男性3名、女性11名で、全員が社会人の平均年齢が54歳の熟年研修生でした。

大学生が研修生のほとんどである中、彼らのような大人のホームステイはうまくいくのか?と気になりましたが、ふたを開ければ大学生のような若者よりもはるかにホストファミリーのみなさんと打ち解けて、わずか2週間で全員がホストファミリーと気が置けないくらい親密な関係になっていました。ホストファミリーだけではなく、日本語講師や我々協会スタッフともとても親しく交流をされました。 

今回、私が公的にも私的にも一番嬉しかったのは、彼らが私の母校であります石川工業高等専門学校を訪問して、学生たちと交流してくれたことでした。
学生たちは、知識や教養に加え、礼儀正しく明るい、すてきな研修生とじっくりお話ができて、学生たちにとって教育的に非常に良い体験となったと担当の太田伸子先生にも大変喜んでいただきました。同時に、研修生たちが素晴らしい学生たちでしたと学生をほめてくださったことを、母校の先輩としても大変嬉しく思いました。




 


今日の修了式で、彼らは歌「さくらさくら」を全員で歌い、「かえるのうた」を日本語講師と輪唱し、和太鼓演奏を机を和太鼓に見立てて演奏してくれました。
 
本当に素晴らしい研修生たちでした。

投稿者:田西秀司at 11:04 | IJSP | コメント(1)

2014年4月24日

能登の天花「のとキリシマツツジ」 渋谷利雄写真展

只今の展示:能登の天花「のとキリシマツツジ」
          -渋谷利雄写真展-

展示期間:平成26年4月22日(火)〜4月27日(日)
展示時間:10:00〜18:00
(金)(土)は20時まで、最終日は17時までです。

【深紅の旅物語】
渋谷利雄さんはふだん着の写真家であり、能登に生まれ能登を撮り、すでに写真歴は四十年におよびます。これまでに、キリコ祭りをはじめとする多彩な能登の祭りを撮り続け、「祭りの渋谷」と言われるほどにその評価が高いです。
のとキリシマツツジは能登が誇る天花であり、能登に最もふさわしい花であります。燃えるような花は能登路の風物詩であります。
渋谷利雄さんのレンズに納まった精魂に込めて撮り続けてきた「のとキリシマツツジ」写真展に是非足を運んで頂き、ギャラリーでご鑑賞ください!
尚、最終日の27日(日)には石川国際交流サロン企画催事も行います。 プログラムをご紹介します。
♪Salon Concert ザ・邦楽♪
〜卯の花コンサート〜
開場:13:30
開演:14:00〜
終演予定:16:00
第一部 1.琵琶 「アルキメデス」
      2.尺八独奏 「木枯」
      3.琵琶 「城山」
第二部 1.琵琶 「白骨の御文」
      2.尺八二重奏 「若葉」
      3.琵琶 「九日の女王の物語」
      4.琵琶 「倶利伽羅峠」
是非お立ち寄りください。お待ちしております!

投稿者:石川県国際交流協会at 12:16 | サロン展示 | コメント(0)

2014年4月21日

ワシントン・アンド・リー大学の開講式

今日は、アメリカのワシントン・アンド・リー大学の石川ジャパニーズ・スタディーズ・プログラムIJSPの開講式を行いました。

バージニア州レキシントンに位置する大学で、ジョンズ・ホプキンス大学、スタンフォード大学、アマースト大学に並ぶ有名な最難関大学だそうです。

2002年からIJSPに日本語研修生を受け入れており、今回が8回目で13人の学生が参加しました。

学生たちは非常に明るく、元気です!一昨日来県し、すでにホームステイを楽しんでいます。

日本語の学習はもとより、いろいろな日本文化も体験し、県民とも親しく交流をして、石川でたくさんの良い思い出をつくって、石川の応援団となってくれることを期待します。


投稿者:田西秀司at 10:47 | IJSP | コメント(2)

2014年4月18日

タイ高校生の日本語研修修了

3月23日から約1ヶ月の日本語研修を終えた高校生4人が、本日、無事に修了式を迎えました。

開講式のときはほとんど日本語を話せなかった彼女たちでしたが、今日の修了式の前の日本語での発表会では、原稿を見ながらの発表でしたが、自分の気持ちを素直に、しっかりと語ってくれました。

石川ジャパニーズ・スタディーズ・プログラムIJSPは大学生や社会人がほとんどですが、昨年からタイのノンタブリー高校、ペッチャブリー高校の高校生が参加してくれています。

外国での生活体験はできるだけ若いときに経験したほうが良いと思いますが、経験の少ない若者は適応が難しいこともあります。

無事に1ヶ月過ごし、4人全員が「とても楽しかった!また、石川(金沢)に来ます!」と明るく応えてくれたのは本当に嬉しいことでした。

タイの歌を歌う4人





投稿者:田西秀司at 14:29 | IJSP | コメント(2)

2014年4月16日

只今の展示:アートコラージュ展“うつろひ”

【村田由香理 押し花アートコラージュ展“うつろひ”】
展示期間:平成26年4月15日(火)〜4月20日(日)
展示時間:10:00〜18:00
★(金)(土)は20:00まで、最終日は17:00まで★
♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
【第3回 JPA月釜茶会】
和の文化を紹介し、観光客や海外留学生に日本のお茶の魅了を身近に感じてもらうために、日本文化海外普及協会が定例茶会を開催しました。
スタッフの私も、この機会に参加させていただき、この時期にしかない庭の風景を眺めながら茶席の雰囲気を楽しみました。

JPA月釜茶会は毎月第三金曜日に13時から16時まで開き、参加費は300円です。何方でも気軽に参加できます。茶道に興味のある方は是非どうぞ!

投稿者:石川県国際交流協会at 12:07 | サロン展示 | コメント(0)

2014年4月8日

冨岡省三の眼 写真展 −顧みる景−

自然は快く迎えてくれる。そして語りかけてくれる。
私の干支は午です。
みなさまのお力をいただきながら、走り続けます。(冨岡氏より)

     【ミニギャラリー】
展示期間:2014年4月8日(火)〜13日(日)
展示時間:10:00〜18:00
★(金)(土)は20:00まで 最終日は17:00まで★




この度の作品は、出展者よりその思いを「顧みる景」と題してまとめたものです。写真を撮り続けるのも楽しみ、足跡を見つめるのも楽しみ、毎日を楽しんでいる生き方を、是非展示場で共感していただきたいです。ご来場、お待ちしております。

投稿者:石川県国際交流協会at 16:17 | サロン展示 | コメント(0)

<< 2014/03トップページ2014/05 >>
▲このページのトップへ