<< 2014/05トップページ2014/07 >>
2014年6月30日

韓国・全州大学日本語研修生の開講式

 今日は、韓国全羅北道にある全州大学からの研修生2名の開講式を行いました。

 韓国全羅北道は石川県との友好交流地域として2001年に友好交流協定を締結しました。石川県の友好交流地域は、ロシア・イルクーツク州、中国江蘇省、そして韓国全羅北道の3地域です。

 ロシア・イルクーツク州からの日本語研修生は1996年(平成8年)から、中国江蘇省の研修生は2011年(平成23年)から受け入れており、韓国全羅北道は今回2014年(平成26年)初めての受入となりました。これで、めでたく念願叶って友好交流地域3地域すべてから日本語研修生を受け入れたことになりました。

 今年4月から韓国の国際交流員として勤務している姜敏貞(カン・ミンジョン)さんも韓国全羅北道全州大学の卒業生なのでご縁を感じます。

 全羅北道の大学からの日本語研修生の派遣によって、石川県と全羅北道との交流がさらに活性化、発展することを期待します。

 



 

投稿者:田西秀司at 11:33 | IJSP | コメント(0)

2014年6月27日

クワントレン工科大学の修了式

 今日は、カナダ・バンクーバーのクワントレン工科大学の日本語研修生7名の修了式でした。

 研修コースの中で最も期間の短い1週間コースでしたが、修了式前のスピーチ発表会では、彼らが金沢を歩いて目にとまったことをテーマに発表してくれました。

 わずか3日間のとりまとめということでしたが、普段、我々日本人があまり気に留めないようなところのおもしろさや気になる点をピックアップした発表はとてもユニークでした。

 彼らは金沢がとても気に入ったようです。再び戻ってきてくれることを期待します。

 




投稿者:田西秀司at 11:06 | IJSP | コメント(2)

2014年6月25日

只今の展示:金沢大学留学生による茶器・書道展 〜平成26年6月29日(日)まで

只今の展示:金沢大学留学生による茶道・書道展
展示期間:平成26年6月24日(火)〜6月29日(日)
展示時間:10時〜18時
(金)(土)は20時まで、最終日は16時までです。

今回の展示会では、大樋年雄先生の御指導の下に制作した大樋焼き茶器をはじめ、中村香林先生の御指導を受けた書も展示しております。

経文の初めに記される語。 とても力強く感じる作品である。

日本のことわざを巧みに仕上げている。

斬新な作風を展開する書。

茶器と書の息のあった展示表現。

艶やかな雅致に富んだ茶器。

また、28日(土)12時より留学生による茶会も開催します。 入場無料です。 この貴重な機会に是非ご来館ください。

投稿者:石川県国際交流協会at 11:58 | サロン展示 | コメント(0)

2014年6月23日

クワントレン工科大学(カナダ)の開講式

 今日は、カナダ・バンクーバーにあるクワントレン工科大学生7名の石川ジャパニーズ・スタディーズ・プログラム(IJSP)開講式を行いました。

 2006年〜2012年に同じカナダのモントリオール大学がIJSPに参加してくれていたのですが昨年から不参加となり残念な思いをしておりましたが、これで再びカナダからの大学が参加してくれて本当に嬉しく思います。

 クワントレン工科大学は、美術、ビジネス、地域社会&健康研究、デザイン、園芸、科学&数学、トレード&テクノロジーなどの学部があり、スキル習得に力を入れる学部が多いのが特徴だそうです。

 クワントレン工科大学のIJSP参加は今回初参加で短い1週間の研修期間ですが、夏とはいえ大変涼しい快適な天気が続いているので、しっかり日本語を勉強して、金沢のいろいろなところを観てほしいと思います。ちなみに今のバンクーバーと金沢の天気の様子を聞きましたら、ほとんど同じと言われました。

 余談ですが、以前、中国のドラマで「さよならバンクーバー」というドラマを観たことがありまして、そのドラマを観たことがあるかと尋ねたところ、一人の学生が観たことがあると応えてくれました。面白いドラマでした。

 

   

投稿者:田西秀司at 12:57 | IJSP | コメント(0)

2014年6月17日

只今の展示:いろ色画展〜平成26年6月22日(日)まで

只今の展示:「いろ色画展」
展示期間:平成26年6月17日(火)〜6月22日(日)
展示時間:10時〜18時
(金)(土)は20時まで、最終日は16時まで


津幡美術好友会の吉本英子さん、西井良子さん、中川久美子さん3人による展覧会です。
意気投合の3人が励まし合い、楽しみながら作品に励んでいるそうです。三人三様の秀作がバランスよく同じ空間で溶け込んでいます。
油絵、日本画など情緒豊かな作品23点が展示しています。
「まだまだ未熟な作品ではありますが、皆様の温かい励ましに深く感謝し、これからも3人で勉強して行きたいと考えております」
とおっしゃっていました。
これからの三人のさらなるご活躍を祈るばかりです。


       [桃源郷]

       [仲むつまじく]

       [花と蝶々]
是非、サロンで創意に満ちた作品をお楽しみください。
お待ちしております。

投稿者:石川県国際交流協会at 17:48 | サロン展示 | コメント(0)

2014年6月4日

只今の展示:井村健太郎 絵画展 〜平成26年6月15日(日)まで

井村健太郎 絵画展
展示期間:平成26年6月3日(火)〜6月15日(日)
展示時間:10時〜18時
休館日:6月10日(月)
★(金)(土)は20時まで、最終日は16時まで★

各地で個展を開催されている日本画作家井村健太郎さんの絵画展が開かれています。富山県南砺市在住で、金沢でははじめでの個展だそうです。鉛筆デッサンをPCに取り込んで、重ねたり加筆したり着彩してインクジェットプリンタで刷った作品が非常に斬新的です。
2010年富山県美術展(日本画部門)県展大賞受賞、2011年南砺市名誉市民賞称号記をデザイン、2014年富山銀行カレンダーに作品「はるのゆめ」が採用されるほか、数多く受賞されたようです。まさに注目されている新鋭作家です。


   [春の夜の夢]

    [ツワモノどもの夢の跡]

     [晩夏]

どの作品も色合いが鮮明で、「スケッチの線」が柔らくて繊細に表現されています。
是非アゲハチョウの絵をご鑑賞にお越しください。

投稿者:石川県国際交流協会at 13:51 | サロン展示 | コメント(0)

2014年6月1日

プリンストン・イン・石川の開講式

  今日は、PII(プリンストン・イン・石川)の開講式でした。




私です。


 PIIは、プリンストン大学、ハーバード大学、イェール大学など米国の一流大学の選抜された学生約50人が毎年当協会の石川県日本語・日本文化研修センターで8週間日本語を学ぶプログラムで、今年22回目となります。




PII日本語講師陣


  昨年は、ちょうど50人の研修生でしたが、今年は学生の都合で47人となりました。プリンストン大学の佐藤慎司先生によると、実は、昨年の応募者が98人だったのに対し今年は100人を超える学生が応募してきたとのことで、応募者は昨年が底で米国では今また日本語学習者が増えてきているそうです。




IFIE日本語講師会講師陣


  今年の47人を含めると、これまでPIIで受け入れた学生総数は941人で、再来年には1,000人を突破することになります。







  選抜された学生は極めて優秀な学生たちですが、優秀な彼らでもこの研修プログラムは佐藤先生曰く、日本一高度で、厳しいものです。なんと本来1年間かけて学ぶ量の日本語をわずか2カ月でやるのです!日本語の授業を離れても、協会の中では日本語以外の言語を使わないという誓約書をとります。本当に大変だと思います。







  彼ら(PII)がやってくると、あー今年もまたPIIの季節(賑やかな夏)がやってきたなぁーと実感します。彼らは情熱家で、積極的で、明るいです。ぎこちない日本語が一日中協会に響き渡る楽しい季節です。







  さぁ、我々スタッフも頑張ろう!!







投稿者:田西秀司at 15:08 | IJSP | コメント(2)

<< 2014/05トップページ2014/07 >>
▲このページのトップへ