<< 2016/08トップページ2016/10 >>
2016年9月30日

スジャン・R・チノイ駐日インド大使歓迎会

 2015年12月に着任されたスジャン・R・チノイ駐日インド大使ご夫妻が、石川県を訪問され、石川インド協会が大使の歓迎会を開催しました。
 塩谷マクスーダ会長は、インド協会設立当初から在日インド大使館のバックアップを得ながら日本(石川)とインドの交流を力強く進めてこられました。歴代の大使が石川インド協会の招きで来県することは大変素晴らしいことです。
 現在、日本とインドの関係は極めて良好で、これからも経済、文化、あらゆる面で進展する日本とインドの関係を大事にし、ますます絆が深まることを期待しています。
 歓迎会では、来日中の北インド古典舞踊カタックダンスのトップレベルアーティストであり、継承者であるディーパク・マハーラージ(Deepak Maharaj)氏とミュージシャンの方々、マクスーダ会長の友人、ナリニ・トシュニワル氏による演技が行われ、迫力ある華麗なフットワーク 、観客を魅了するダンス、カタックならではの優美で繊細な表情表現に参加者は強烈な感動を覚えました。
 また、チノイ大使はとてもフレンドリーな方で、参加者と気軽にことばを交わしたり、写真撮影に応じられていました。
 石川インド協会の今後ますますの発展を期待しています。

 
 

投稿者:田西秀司at 22:34 | 国際理解 | コメント(0)

テュービンゲン大学とトリノ大学(一ヶ月コース)のIJSP修了式

 テュービンゲン大学(ドイツ)6名、トリノ大学1カ月コース(イタリア)8名、計14名の石川ジャパニーズ・スタディーズ・プログラムIJSP修了式を行いました。

 両グループとも5週間の日本語研修でした。
 両グループの学生たちから「素晴らしい研修プログラムに参加できて良かった!まだ帰りたくない・・・。」という声が聞こえました。充実した研修、日本の生活体験、交流ができたようで本当に良かったです。
 
 


投稿者:田西秀司at 16:09 | IJSP | コメント(0)

2016年9月28日

ブラジル石川県人会小堀前会長来訪

 石川県海外県人会招へい事業で来県している前ブラジル石川県人会会長の小堀勇ジェラルドさんがIFIEにご来訪されました。

 今年の1月から2月にかけての6週間余、石川ジャパニーズ・スタディーズ・プログラムIJSPにご子息の小堀ケイ・ケヴィンくんが参加したことへのお礼に来られました。

 ケヴィンくんは文部科学省の国費留学に合格して10月から1年間東京外国語大学に留学するとのこと。彼を教えていた日本語講師のみなさんから彼の頑張りに対する驚きと賞賛、祝福の声が上がりました。

 本当に嬉しいご報告でした。留学中にケヴィンくんは金沢に戻ってくることを楽しみにしているとのこと。我々もケヴィンくんとの再会を楽しみにしています。

投稿者:田西秀司at 17:50 | 国際理解 | コメント(0)

2016年9月27日

高須佳美  麗しき時の流れ 香りのちり華とくゆら織  〜平成28年10月2日まで

只今の展示: 高須佳美
  麗しき時の流れ 香りのちり華とくゆら織

開催期間:平成28年9月27日(火)〜10月2日(日)
開催時間:10:00〜18:00

(金)(土)は20:00まで、最終日10月2日(日)は17:00まで



 現在石川国際交流サロンで開催中の展覧会は、
「高須佳美 麗しき時の流れ 香りのちり華とくゆら織」です。

 高須さんは2000年ごろからくゆら織を始め、沢山の作品を完成させてきました。日本色彩学会や日本流行色協会のカラーコーディネーターとして公共建物や景観、まちづくりのための色彩提案やアドバイス、企業のカラー戦略、商品開発、人材育成、個人のイメージコンサルタントと幅広く活動されています。なお、ライフワークとしての表現活動「くゆら織(商標登録)」が海外や国内で受賞を重ね、新しい美術ジャンルに進出中。

 日本初の色と香りのハーモニーセラピーを確立し、五感の癒しのスペシャリストとして講演、執筆、メディア関連等全国で活躍中です。




 こちらの作品は「九御座(くみくら)」という作品で、赤い漆の背景に、縦糸が黒、横糸に金を使い、制作されました。普通、縦糸は見えない存在ということですが、こちらの作品はあえて縦糸も見えるように表現されています。

 高須さんは、作品を手掛ける前に作品のイメージを思い浮かべ、タイトルにするそうで、日々の生活の中での何気ないきづきを大切にしているそうです。

 お近くへお越しの際は、ぜひご来場ください。

投稿者:石川県国際交流協会at 15:57 | お知らせ | コメント(0)

2016年9月26日

豪日協会秋期グループのIJSP開講式

 オーストラリアの豪日協会・秋期グループ16名の石川ジャパニーズ・スタディーズ・プログラムIJSP開講式を行いました。

 豪日協会は1999年からの参加で、現在、春秋の年2回の参加しており今回が25回目の参加となります。

 今は行楽の秋のベストシーズンです。2週間という短い研修期間ですが、一生懸命に日本語の勉強をして、大いに金沢(石川)を見て歩いてほしいと思います。
 
 

投稿者:田西秀司at 14:36 | IJSP | コメント(0)

2016年9月23日

韓国全羅北道国際交流センター職員来訪

 石川県と友好交流を行っている韓国全羅北道で、昨年10月に設立した全羅北道国際交流センターから交流協力チーム長のチョ・ハナさんと運営支援チーム長のイ・キョンウンさんが来訪されました。

 お二人は、これから石川県国際交流協会と相互に協力しあえる事業を展開したいということで、まずは当協会の活動内容を調査に来られました。

 当協会としても、石川県と全羅北道が友好交流を行っていることから、今後、協力しあっていけることを期待しています。

投稿者:田西秀司at 17:21 | 国際理解 | コメント(0)

2016年9月13日

安藤昌弘 写真展  「旬花光彩」〜ルクセンブルクに魅せられて〜

只今の展示:安藤昌弘 写真展
        「旬花光彩」〜ルクセンブルクに魅せられて〜
開催期間:平成28年9月13日(火)〜9月25日(日)
開催時間:10:00〜18:00
(金)(土)は20:00まで、最終日9月25日(日)は16:00まで



現在石川国際交流サロンで開催中の展覧会は、「安藤昌弘 写真展」です。

 安藤さんは元ルクセンブルク大使として活躍され、今回はその当時にルクセンブルクで収められた写真の展覧会です。



 ルクセンブルク大公国はフランス・ベルギー・ドイツに囲まれた、金融王国としての高い地位を持つ小さな国で、面積2586平方km、神奈川県とほぼ同じ大きさしかありません。首都ルクセンブルク市はその古い街並などが世界文化遺産に登録された静かな都市です。経済は世界最高水準の豊かさを誇り、「お金持ちの国民」ともいわれているそうです。



 菜の花畑 キャトル・バン という作品は、あたり一面に黄色の菜の花が咲広がっている風景が、写真を通しても伝わってきます。

 お近くへお越しの際は、ぜひご来場ください。

投稿者:石川県国際交流協会at 15:22 | お知らせ | コメント(0)

2016年9月9日

パリ・ディドロ大学(フランス)のIJSP修了式

 パリ・ディドロ大学(フランス)の石川ジャパニーズ・スタディーズ・プログラムIJSPの日本語研修が修了し、修了証書授与式を行いました。

 今年の研修生は8名の参加でしたが、修了1週間前におばあちゃんが亡くなられたということで1名が急遽先に帰国し、修了式は7名で行いました。

 8名のうち2名はイギリスとギリシャからの留学生だったこともあり、小学生のいる家庭を対象に行ったホストファミリー募集イベントではフランスとイギリス、ギリシャの観光名所や食事などの紹介、楽しいゲームなどを通して子どもたちの異文化への関心を高めてくれました。
 そのお陰で、参加した2家庭が新たにホストファミリーボランティアとしてご登録いただきました。

 研修を振り返って、日本語の勉強、能登への研修旅行、日本文化体験やホームスティは、忘れられない楽しい思い出になったと話してくれました。そして、是非もう一度金沢に戻って来たいと言ってくれました。

 これからも、かれらが日本語の勉強を続け、フランスと日本の交流の架け橋となってくれるよう祈ります。
 

 


投稿者:田西秀司at 12:23 | IJSP | コメント(0)

2016年9月6日

写真及び余技作品展〜平成28年9月11日(日)まで

只今の展示:第7回 新老人の会 石川支部 写真及び余技作品展
開催期間:平成28年9月6日(火)〜9月11日(日)
開催時間:10:00〜18:00
(金)(土)は20:00まで、最終日9月11日(日)は17:00まで



 現在石川国際交流サロンで開催中の展覧会は、「写真及び余技作品展」です。

 「新老人の会」は日野原重明会長の「新しい老人像」創出への提案から2000年9月に設立されました。石川支部は、2008年9月に設立され、約140名の会員が生き生きと活動しています。



 今回の展示作品は写真が基本ですが、趣味の作品等の出品もございます。「カメラを友として風景や史跡名勝を訪れたときに、その一コマを一瞬カメラで撮影するときの感動は忘れられない。また、趣味を生かして作品創りを楽しむことの出来るのも豊かな人生の歩みでもある。これら総てが旅日記である。」というテーマの作品約50点が、展示されています。



秋を感じる季節になってまいりました。

お近くへお越しの際は、ぜひご来場ください。

投稿者:石川県国際交流協会at 15:49 | お知らせ | コメント(0)

2016年9月2日

外務省主催マンスフィールド財団研修生歓迎レセプション

 8月31日、第21期マンスフィールド財団研修生の外務省主催歓迎レセプションが外務省で行われました。

 今年も谷本正憲石川県知事が出席され石川ジャパニーズ・スタディーズ・プログラムIJSPのピーアールとマンスフィールド財団研修生のホームステイを担当したホストファミリーへの労いと感謝のご挨拶をいただきました。

 式は、
  外務省 武井外務大臣政務官
  人事院 江畑事務総局総括審議官
  林 芳正議員 <乾杯>
  駐日米国大使館 ハイランド臨時代理大使
  石川県 谷本知事
  マンスフィールド財団 ジャヌージ理事長
  第21期研修生自己紹介
の流れで行われました。

 研修生は日本語で自己紹介のスピーチを行いましたが、全員とても上手に素晴らしいスピーチをしました。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

投稿者:田西秀司at 13:32 | IJSP | コメント(0)

<< 2016/08トップページ2016/10 >>
▲このページのトップへ