<< 2016/09トップページ2016/11 >>
2016年10月31日

郎叙さんの石川の国際化への思い

 昨年度(平成27年度)、JETプログラムで石川県国際交流員として中国江蘇省から派遣されていた郎叙さん(南京市外事弁公室)が「石川県の国際化について自身の体験から感じたこと」を江蘇省人民政府外事弁公室が発刊している「江蘇外事」に投稿し、掲載されました。

 郎さんの記事を読んで、わずか1年間でしたが彼が本当に一生懸命仕事に取り組んでいた証であると感動しました。

 この記事を読まれた中国(江蘇省)の人々はきっと石川を訪れてみたいと思ってくれるに違いないと思います。

 郎さん、ありがとうございました!!
117581806059a8351005816a2b7d8f10

投稿者:田西秀司at 10:39 | 国際理解 | コメント(2)

2016年10月28日

トリノ大学(二カ月コース)IJSP研修生終了式

今日は、イタリアのトリノ大学(二カ月コース)の石川ジャパニーズ・スタディーズ・プログラムIJSP参加学生8名の日本語研修が修了し、修了証書授与式を行いました。

 研修期間は約二カ月間で、その間、研修生は日本語の勉強を中心に、一泊バス旅行や多くの日本文化体験をし、また二カ月間のホームスティは、研修生から忘れられない思い出になったと声がありました。

 終了式1週間前に、研修発表会が行われました、発表テーマは、「流行」から「ことわざ」、「人間関係」と幅広く、また大変味のある上手な日本語での発表でした。
 
これからも、彼らが日本語の勉強を続け、もっと日本の事を知り、好きになってもらい、 イタリアと日本の交流の架け橋となってくれることを願いたいです。

投稿者:石川県国際交流協会at 15:59 | お知らせ | コメント(0)

2016年10月27日

オーストラリア国防軍のIJSP修了式

 オーストラリア国防軍の6名の石川ジャパニーズ・スタディーズ・プログラムIJSP研修生の修了式を行いました。

 2週間という短い研修期間でしたが、彼らはそれぞれでテーマを決めてホストファミリーやIFIEスタッフ、また、金沢の街中に出かけてインタビューを行い、修了式の前に日本語での発表を行いました。

 「アニメとマンガ」「金沢の食べ物」「金沢百万石まつり」「オーストラリアのイメージ」「刺青について」「日本の移民政策について」とテーマはバラエティーに富んで内容もとても面白く聴かせていただきました。

 石川滞在で充実した日々を過ごし、今回のIJSP参加が忘れられない思い出となったと全員が言ってくれました。そして、また石川に戻って来たいと言ってくれました。

 彼らは国防軍という特別な任務を負った人たちですが、とても明るい人たちでホームステイも心から楽しんでいただけたようで本当に良かったです。これからも日本語の学習を続けて、日本とオーストラリアの架け橋として頑張ってほしいです。
 

投稿者:田西秀司at 12:42 | IJSP | コメント(0)

2016年10月25日

南京田家炳高校の華勇校長先生来訪

 南京田家炳高校(高級中学)の華勇校長先生が金沢辰巳丘高校との交流を希望され、本日、辰巳丘高校を訪問して、その後、IFIEも訪問してくださいました。

 これは、江蘇省人民代表大会常務委員会外事委員会弁公室副主任の張宏さん(元石川県国際交流員=2003年)から南京田家炳高校には日本語のクラスがあって日本の高校との交流を希望しており、それなら石川県と江蘇省が友好交流関係にあることから石川県の高校との交流ができないかとの相談を受けたことがきっかけでした。

 金沢辰巳丘高校にも中国語を学ぶ外国語コースもあることから、華勇校長先生の訪問を機に両校の交流がこれから始まり、徐々に発展していくことを期待したいと思います。

投稿者:田西秀司at 16:31 | 国際理解 | コメント(0)

関東・金沢・関西の金沢美大同窓生3人展 〜平成28年11月6日まで

只今の展示:関東・金沢・関西の金沢美大同窓生3人展
開催期間:平成28年10月25日(火)〜11月6日(日)
開催時間:10:00〜18:00
(金)(土)は20:00まで、最終日11月6日(日)は16:00まで



現在石川国際交流サロンで開催中の展覧会は、
「関東・金沢・関西の金沢美大同窓生3人展」です。

「開学70周年、金沢美大同窓会、金の美大展覧会」参加展として、関東・金沢・関西の3人による地域や世代を超えた3人展です。
・関東から H13年 工芸染色卒の高久加奈子。
・金沢から S52年 商業デザイン卒の神田龍馬。
・関西から S46年 商業デザイン卒の伊関秀雄。
3人の個性的な作品が、ジャンルを超えて金沢の地でコラボします。



 伊関さんの水彩画は、ブータンを訪れた時に書かれた作品です。自然が豊かな風景が作品からも伝わってきます。

 神田さんの作品である土偶は、女性の曲線美を追求し、粘土や窯の温度などを変えながら一体一体違う作品に仕上げられています。

 高久さんの染色は、壁一面ほどもある大きなものから、小さなものまで色彩が豊かに表現されています。



染色・陶芸・水彩画など、約70点の自信作が並んでおります。

お近くへお越しの際は、ぜひご来場ください。

投稿者:石川県国際交流協会at 16:04 | お知らせ | コメント(0)

2016年10月17日

オーストラリア国防軍、モスクワ日本語・日本文化クラブKENROKU、バイカル日本友好協会、マラ工科大学のIJSP開講式

 オーストラリア国防軍、モスクワ日本語・日本文化クラブKENROKU、バイカル日本友好協会、マラ工科大学(マレーシア)の4グループの石川ジャパニーズ・スタディーズ・プログラムIJSPの開講式を行いました。

 オーストラリア国防軍は2003年から6回目の参加で今回が最も多い6名、モスクワ日本語・日本文化クラブKENROKUは2008年から5回目で3名、バイカル日本友好協会は初参加で2名、マラ工科大学(マレーシア)は初参加の5名、合わせて16名の参加です。

 研修期間は、オーストラリア国防軍のみ2週間で、他のグループは4週間です。オーストラリア国防軍の6名には期間が短いので効率よく、充実した研修を行ってほしいと激励しました。

 モスクワ日本語・日本文化クラブKENROKUは、3回目と2回目の参加が一人ずつで、1グループの中で複数回の参加は珍しく、日本・石川県が本当に好きだということが分かります。

 バイカル日本友好協会は初参加ですが、石川県ロシア協会のカウンターパートということもあり、石川県との交流の面から頑張ってほしいと思います。

 また、マレーシアから初参加のマラ工科大学は女性ばかりのエンジニアリング専攻5名の参加です。5名とも日本語レベルはまだまだ低いですが、この研修できっと大きく上達することでしょう。

 研修生同士も共通言語の日本語を使って交流をして、この一期一会のご縁を大切にしてほしいと伝えました。
 

 


投稿者:田西秀司at 10:56 | IJSP | コメント(0)

2016年10月11日

末松 智 金沢城復元画展‘16 〜平成28年10月23日まで

只今の展示:末松 智 金沢城復元画展‘16
開催期間:平成28年10月11日(火)〜10月23日(日)
開催時間:10:00〜18:00
(金)(土)は20:00まで、最終日10月23日(日)は17:00まで



現在石川国際交流サロンで開催中の展覧会は、「末松 智 金沢城復元画展‘16」です。

〜末松さんからのご案内〜
 歴史考証を追求した金沢城の復元画展です。会場となる石川国際交流サロンは古都金沢を代表する純和様建築会場です。ぜひ、緑深い露地から床の間の金沢城を眺めていただきたいものです。



 末松さんは、金沢出身で金沢育ち。1985年よりウィーンへ渡り、13年間海外で活動されてきました。


 一時帰国した際に、たまたま立ち寄った兼六園や金沢城跡地で、当時残されていた石垣などを見て、後世に残すための金沢城の復元を行おうと、活動を決意されたそうです。




 作品が復元されている時代は、宝暦9(1759)年に起こった火災の前後のもので、年代は統一されていませんが、正確な発掘データをものに再現されています。現在まで、古文書をもとに寸法などが正確な金沢城の復元画はありませんでしたが、後世に伝えるため、残すために末松さんは金沢城の様々な場所から復元を試みてきました。

 ご先祖様たちが過ごしてきた時代の金沢城を、
一人でも多くの方に見ていただきたいです。

お近くへお越しの際は、ぜひご来場ください。

投稿者:石川県国際交流協会at 17:00 | お知らせ | コメント(0)

2016年10月5日

アートコラージュ 琳 〜Duo〜 〜平成28年10月9日まで

只今の展示: アートコラージュ 琳 〜Duo〜
開催期間:平成28年10月4日(火)〜10月9日(日)
開催時間:10:00〜18:00
(金)(土)は20:00まで、最終日10月9日(日)は17:00まで



現在石川国際交流サロンで開催中の展覧会は、「YUKARI MURATA アートコラージュ展 琳」です。



 〜村田さんからのご紹介〜
 コラージュは、貼り付けて表現する手法のことです。貼り付けてあるのは、押し花であったり、紙または、金属、蝋、石、樹脂、螺鈿、真珠、金箔など多種多様な素材です。何かを付加することで、そこに今までと違う新たな空間が派生するのだと思います。
 「琳」は、琳派の琳ですが、ふたつの珠が触れ合って奏でる美しい音色という意味です。作品と、ご来場の方々の想いがふれあって奏でる世界を楽しんで頂けたら、という願いを込めてタイトルとしました。



 様々なコラージュをコンビネーションさせ、世界に一つしかない、村田さんの想いが込められた作品展となっております。ハッピーアクシデントという言葉を思い浮かべながら、偶然の出会いや、関わりのすばらしさを感じられるように思います。

 作品には、すべて「U」で終わるタイトルが付けられています。優しさを感じられるタイトルが並ぶ展覧会に、来館された方々にも、様々な感情がこみ上げてくるのではないでしょうか。

 お近くへお越しの際は、ぜひご来場ください。

投稿者:石川県国際交流協会at 18:04 | お知らせ | コメント(0)

2016年10月2日

県民フェスタ写真集

 石川県国際交流協会IFIE最大のイベント「多文化が共生する県民フェスタ」を開催しました。

 つい2〜3日前まで天気予報では雨が予想されたのですが、IFIEスタッフの行いが良かったのか少し暑いくらいの晴天になりました。

 昨年の北陸新幹線の開通から、観光客が大幅に増えていることもあって、今日も大勢の方々が立ち止まってステージショーを観てくださったり、世界の料理屋台でたくさん召し上がっていただきました。

 46の国際交流団体やJETプログラムで参加している青年たち、ステージ−ショーにボランティア出演してくださるグループ、そして、このイベントに参加して楽しんでいたけるみなさま方がおられてこのイベントが成功しています。改めまして心から感謝申し上げます。

 すべてを紹介することはとてもできませんが、概要の写真集を作成しましたのでご覧いただければ幸いでございます。

 また、来年も開催する予定でございますのでどうぞよろしくお願いいたします。

59157f4b12512cf6
(上の写真をクリックしてご覧ください。)

投稿者:田西秀司at 18:48 | イベント | コメント(0)

<< 2016/09トップページ2016/11 >>
▲このページのトップへ