<< 2018/10トップページ2018/12 >>
2018年11月29日

イルクーツク国立大学のIJSP修了式

28日(水)、イルクーツク国立大学日本語研修生7名のIJSP修了式が行われました。
2ヶ月間という長期間だったこともあり、彼女たちの日本語能力も格段に上達しました。
皆、今回の研修に満足し、スタッフやホストファミリーに感謝の気持ちを述べるとともに、石川県を離れるのが寂しいとの感想も聞かれました。

石川県とイルクーツク州は友好交流地域であり、彼女らには帰国後も本県の応援団として、大いに本県の良さをPRしていただき、両地域の交流がますます盛んになることを期待したいと思います。








投稿者:魚 直樹at 16:21 | IJSP | コメント(0)

2018年11月22日

国境を越えて ビデオ/コラージュ写真展 桐谷さえり

◆石川国際交流サロン◆

【展示情報】

時間:10:00〜18:00 ※(金)(土)は20:00まで

※11月26日(月)は休館日、最終日は12月2日(日)

場所:石川国際交流サロン(金沢市広坂1丁目8−14)


「国境を越えて ビデオ/コラージュ写真展 桐谷さえり」 開催中です。


金沢市出身でニューヨークを拠点に活動するコンテンポラリーアーティストの桐谷さえりさんの展覧会です。

2016年春、当時お住いになっていたオーストリア ウィーンのホテルアパートメントに移民・難民の方がいたことが今回の映像制作のきっかけとなったそうです。

黄金の街、芸術の街、音楽の街、歴史的にも国際色豊かな街…そんなウィーンに人生の可能性をかけ、様々な困難を乗り越えて夢と希望をもって外国からやってきた男女計16名に、主に故郷について質問したインタビューとなっております。


ウィーンは建物や絵画に金の装飾がなされていて煌びやかな街のイメージがあり、ご自身の故郷でもあるここ金沢の街は金箔が有名なので、二つの都に共通する金色の輝きを意識しながらビデオを制作されたそうです。

ご来場を心よりお待ちしております。

投稿者:石川県国際交流協会at 11:15 | 国際交流サロン | コメント(0)

2018年11月21日

江蘇省大学教師グループが10年ぶりIFIE訪問

平成20年度にIJSPで受け入れた、江蘇省大学教師グループのうち5人のメンバーが10年ぶりにIFIEを訪れました。

今回の石川訪問を企画したのはメンバーの一人盧冬麗さんで、盧さんは平成28年度には県のCIR(国際交流員)として当協会で活躍されていました。

昼食懇談では、当時の日本語教師の方やホストファミリーを交え、流暢な日本語で昔話に花を咲かせていました。








投稿者:魚 直樹at 15:07 | IJSP | コメント(0)

2018年11月7日

金美1971年卒業同期生による古希展

◆石川国際交流サロン◆

【展示情報】

時間:10:00〜18:00 ※(金)(土)は20:00まで

※11月12日(月)は休館日、最終日は11月18日(日) 16時まで

場所:石川国際交流サロン(金沢市広坂1丁目8−14)


「金美1971年卒業同期生による 古希展」 開催中です。


〜あの頃のセブンティーンがセブンティになった〜


金沢美術工芸大学を1971年に卒業された有志13名の皆さんが、東京、名古屋、関西、九州から集まり古希のお祝いを記念して故郷ともいえる金沢でグループ展を開催しようということで今回実現いたしました。

商業デザイン、工業デザイン、絵画、工芸、彫刻、と各分野で現在も制作活動を続けている皆さんが作品を出品されています。
ご来場を心よりお待ちしております!


作品の写真撮影は禁止となっております。どうぞご了承ください。

投稿者:石川県国際交流協会at 16:17 | 国際交流サロン | コメント(0)

<< 2018/10トップページ2018/12 >>
▲このページのトップへ