<< 前のエントリトップページ次のエントリ >>
2017年01月16日

台湾の元智大学、南栄科技大学、南台科技大学のIJSP開講式

 台湾の元智大学5名、南栄科技大学7名、南台科技大学4名、計16名の台湾の大学生を石川ジャパニーズ・スタディーズ・プログラムIJSP研修生として受入れ、開講式を行いました。

 今冬最大の寒波が日本列島に上陸して、石川県も久しぶりの雪模様になりましたが、幸いにそれほど多く雪が降らず、研修生たちも無事に来県できて良かったです。

 暖かい台湾から真冬の日本に来て、さぞや寒さが身にしみているのではなかろうかと察します。しかし、久しぶりに降った雪を見て、触ることができて良かったと思います。

 元智大学は2週間、南栄・南台科技大学は4週間と研修期間は異なりますが、日本語学習はもとより日本文化体験、研修旅行、歴史文化施設の探訪、そして日本人家庭でのホームステイを通して日本をさらに深く理解してほしいと思います。

 風邪など引かないように、寒さに負けず頑張って、実り多い研修になるよう願っております。
 


 

投稿者:田西秀司at 14:11| IJSP | コメント(0)

◆この記事へのコメント:

※必須