<< 前のエントリトップページ次のエントリ >>
2017年05月19日

シンガポール経営大学、クワントレン・ポリテクニック大学のIJSP修了式

 シンガポール経営大学、クワントレン・ポリテクニック大学(カナダ)の石川ジャパニーズ・スタディーズ・プログラムIJSP修了式を行いました。

 両大学とも2週間の研修期間で、この時期日本(石川県)はとても過ごしやすく、特に今年は例年より涼しく爽やかでした。研修生は生き生きと日本語学習、日本文化体験、ホームステイによる日本の暮らしを体験することができました。

 修了式の前に日本語での発表会がありました。
 一番好きな日本料理が「ラーメン」、二番目は「カレー」でシンガポールに比べておいしくて安いラーメンをたくさん食べて良かった。
 金沢はいろいろな食べ物に金箔が入っていて、金沢の人は金箔が好きなようだが、金箔は味がしない。
 カナダではラーメンを食べるときに音は出さないが、日本では思いっきり音を出して食べる食文化の違いに驚いた。
 日本人と日本語で話すことで自分の日本語に自信が持てるようになった。
 ホストファミリーとたくさん話をして言葉や文化を学べて良かった。ホストのお父さんはサックスやドラムを演奏する人で、日本の演歌の文化を教えてもらった。

 いろいろ面白い体験談を聴かせてもらって、今回の研修で彼らには忘れられない思い出がたくさんできたと感じました。2週間は短すぎる、まだ帰りたくない。また、是非、石川・金沢に戻って来たいと言ってくれました。
 ホストファミリー、日本語講師、IFIEスタッフもみなさんが再び戻って来てくれるのを楽しみに待っています。
 

 

投稿者:田西秀司」at 13:36| IJSP | コメント(0)

◆この記事へのコメント:

※必須