<< 前のエントリトップページ次のエントリ >>
2017年06月29日

元技術研修員カム・サロンと15年ぶりの再会

 今日、15年前の2002年(平成14年)に石川県技術研修員として金沢都ホテルで9ヶ月間研修を行ったカム・サロンさん(女性:カンボジア)が突然石川県国際交流協会(IFIE)を訪ねて来ました。

 当時お世話になった人は多分いないだろうが、ひょっとしているかもしれないという一縷の望みを持って訪ねて来てくれたそうです。

 そして、当時一番お世話になった宮下さんという方の名前だけ記憶していました。15年前なら私も米澤総務班長も県国際課で当時技術研修員の担当係で、米澤班長はまさに受入担当者でした。最初二人はあまりの突然のことでもあり、なかなか記憶を呼び戻せなかったのですが、彼女と一緒に同じカンボジアのソク・ティさん(研修先:日本通運(株)金沢旅行支店)という人と一緒に来ていたと聞き、私も米澤もその名前を聞いた瞬間に思い出しました。

 早速その場で宮下さんに電話したのですが、残念ながらつながりませんでした。当時の研修報告書を見つけて彼女に見せるととても喜んでくれて、早速コピーを取ってあげました。

 話を聞くと、ソク・ティとカム・サロンは研修が修了してカンボジアに帰国して3ヶ月後に結婚して、今は夫婦とのこと。とても驚きましたが、誠におめでたいことです。彼女は日本語がとても上手になっていて、仕事も順調でときどき日本に来ているそうで、今回一人で北海道、金沢、横浜に旅行に来たということです。

 そして、金沢にいる間は当時交流していた方のお宅にホームステイしているそうです。15年ぶりに訪ねて来てくれたことは本当に嬉しいことでした。

投稿者:田西秀司at 16:09| いしかわ同窓会 | コメント(0)

◆この記事へのコメント:

※必須