<< 前のエントリトップページ次のエントリ >>
2017年09月05日

川部倫子 ガラス作品展 〜平成29年9月10日(日)まで

只今の展示:川部倫子 ガラス作品展
開催時間:10:00〜18:00
※(金)(土)は20:00まで、最終日9月10日(日)は15:00まで

ただ今、国際交流サロンで開催中の展示は、「川部倫子 ガラス作品展」です。



川部さんは埼玉県出身で東京造形大学造形学部、東京ガラス工芸研究所で学んだ後、金沢のガラス工房で10年程働かれたそうです。
現在は埼玉の丸沼芸術の森にアトリエを構え、食器を中心にジュエリーやインテリアなど様々な作品を生み出すガラス作家としてご活躍されています。



今回お蔵では13個のガラス作品が1つの作品を作り上げています。
これは人の生きる道のり、人生を表しているとのこと。
川部さんは40年ガラス作りに携わり、吹き上げなどの工程はすべて同じでありながら毎回異なった形ができあがることに、人生との共通点を感じたそうです。



そこで同じ金色ですが様々な形をなすガラスに、七宝つなぎや銀杏紋といった吉祥文様を添えることで、人生も同じことの繰り返しであっても違う結果が表れることが多いが、その道に光と希望がありますように、という想いを込めたそうです。

また、ガラスの花器も1つ1つ違う模様、形になっています。



実験的に模様や色を取り入れたものもあり、それが偶然の結果として表れているものもあるそうです。一見ガラスには見えないような色合いものから、カラフルな彩りが美しいものまで、見る人の目を楽しませてくれます。
毎週ボランティアでお花を生けてくださっている方々とのコンビネーションも素晴らしく、とても素敵な空間になっています。

ぜひこの機会にサロンの方にお立ち寄りくださいませ。

投稿者:石川県国際交流協会at 16:28| お知らせ | コメント(0)

◆この記事へのコメント:

※必須