<< 前のエントリトップページ次のエントリ >>
2017年11月24日

イルクーツク国立大学のIJSP修了式

 イルクーツク国立大学の石川ジャパニーズ・スタディーズ・プログラムIJSP研修生の修了式を行いました。

 9月末の爽やかな秋の行楽シーズンに来県して、IFIEの最大イベントである県民フェスタへの参加協力、能登への研修旅行、着物の着付け体験や和太鼓体験などいろいろな日本文化体験などなど、たくさんのメニューをこなし、無事に研修を修了しました。

 今年の10月、11月は異常なくらいに雨が多くてお天気の面では少し残念でした。それでも修了式では、口を揃えて「2カ月がとても短かった」と言っていました。これは研修がとても充実して楽しかったという証だと思いますが、ときには生活習慣の違いなどで悩んだりしたこともあったとことでしょう。

 彼らは、イルクーツク州と友好交流関係にある石川県でホームステイをしながら多くのことを体験・経験し、日本という国をより深く理解してくれたことと思います。また、石川県ロシア協会の中村会長をはじめ会員のみなさまにも大変お世話になり心から感謝申し上げます。

 帰国後もさらに一生懸命日本語の学習を続けて石川県とイルクーツク州の大きな架け橋になってくれることを期待しています。







 

 

投稿者:田西秀司at 12:14| IJSP | コメント(0)

◆この記事へのコメント:

※必須