<< 前のエントリトップページ次のエントリ >>
2018年01月04日

ゑり華コレクション 加賀のお国染展 江戸から昭和の花・華・はな〜花模様を集めて〜

只今の展示:ゑり華コレクション 加賀のお国染展 江戸から昭和の花・華・はな〜花模様を集めて〜

開催時間:10:00〜18:00(月曜休館)

※(金)(土)は20:00まで、最終日12月14日(日)は17:00まで



ただ今国際交流サロンでは、「ゑり華コレクション 加賀のお国染展 江戸から昭和の花・華・はな〜花模様を集めて〜」を開催しております。


平成17年度から始まったこの展示会も今回で13年目を迎えます。
染織研究科花岡慎一(加賀友禅の店「ゑり華」)のコレクションの中から今回は51点を出品し、そのうちの12点が初出品となっております。花嫁のれんをはじめとし、着物、夜着、風呂敷、半衿など花模様を中心としたコレクションが並びます。



きびしい北陸の冬には、もちろん花も咲きません。そのような季節には紅い南天や春の訪れを知らせる梅などは人々に大変尊ばれました。寒い中、着物を着て頂く方に”中でお花を楽しんでほしい”という思いから美しい草花が描かれました。





紺屋職人の技術、友禅染の繊細な美意識、そして加賀の地で藩政時代より庶民の生活に使われてきた染織品の流れを見ることができます。


江戸から昭和にかけての加賀金沢の染織文化、花模様を見にぜひ足をお運びください。

投稿者:石川県国際交流協会at 15:12| お知らせ | コメント(0)

◆この記事へのコメント:

※必須