<< 前のエントリトップページ次のエントリ >>
2019年03月14日

金商高校卒業生三人による工芸展

◆石川国際交流サロン◆

【展示情報】

時間:10:00〜18:00 ※(金)(土)は20:00まで

※最終日は3月17日(日)16時00分まで

場所:石川国際交流サロン(金沢市広坂1丁目8−14)


現在「金商高校卒業生 三人による工芸展」開催中です。


【出展者のご紹介】

・竹山雅万さんは永く紙工芸の技術を磨き、金沢市内の各小学校で紙細工を指導してきました。「折鶴ファミリー」「松井秀喜さんに贈ったのと同じ金箔加工のバットやシューズ」などを展示。

・石崎清隆さんは金沢金箔工芸の第一人者であり、卓越した技能で多彩な作品を創出しています。棋士「藤井聡太さん29連勝」記念金箔パネルを贈呈し、その複製を展示。

・岡部瞳さんは組紐結びの技巧の一つとして20mの絹糸を使い、多種の結び組み合わせで柱飾りを制作します。神社でしか見られない結びを現代の家庭にも取り入れて、縁起物魔除けとして作成いたします。



皆さまのご来場を心よりお待ちしております。

投稿者:石川県国際交流協会at 10:42| 国際交流サロン | コメント(0)

◆この記事へのコメント:

※必須