2019 年8 月14 日

創作和紙展 空間を奏でる和紙(わがみ)

【展示情報】

時間:10:00〜18:00 
※(金)(土)は20:00まで

※休館日は8月18日(月) 
※最終日は8月25日(日)17:00まで

場所:石川国際交流サロン(金沢市広坂1丁目8−14)

現在「創作和紙展 空間を奏でる和紙(わがみ)」開催中です。

 創作和紙DAICHでは、実用的な習字紙や障子ではなく、おもしろい和紙を作ることを目指して、高いデザイン性の和紙を制作しています。金沢駅のコンコースの新幹線改札内の光柱に使われている和紙を手掛けており、今回その和紙もご覧頂けます。

 創作和紙DAICH代表の山浦定雄さんは、白山市にある吉野工芸の里に誘われたことがきっかけで、石川県に移住して紙すきを始めました。そして、今ではご子息と一緒に紙をすき、奥様もその和紙を使って造形作品を作っています。和紙の原材料である楮(こうぞ)の栽培から、すくまでの多くの工程、紙をすいてから装飾まで、全てが手作業のため、細かい注文に対応ができ、高いデザイン性を実現できるそうです。

 今回の展覧会では、一辺60cmの正三角形をした木枠に和紙がすかれていて、それを3つで1セットとして飾っています。国際交流サロンの日本間に和紙がよく合います。全部で33種類の個性的な和紙の素材展をぜひこの機会にご覧下さい。皆さまのご来場を心よりお待ちしております。


投稿者:石川県国際交流協会at 11 :09 | お知らせ | コメント(0 )

2019 年8 月7 日

第11回全国こども版画コンクール 優秀作品展

◆石川国際交流サロン◆ 
【展示情報】

時間:10:00〜18:00
 ※(金)(土)は20:00まで※最終日は8月11日(日)17:00まで
場所:石川国際交流サロン(金沢市広坂1丁目8−14)

現在「第11回全国こども版画コンクール 優秀作品展」開催中です。

志賀町版画協会の皆さんがこども版画の魅力をもっと多くの方に知ってもらいたいと、
第11回全国こども版画コンクールin志賀の優秀作品を展示しています。
3才の幼児から15才の中学生まで、それぞれの成長段階にあった作品です。こどもらしい元気の良い可愛らしい作品が、中学生ではとても細かい版画表現の作品を作れるように成長していきます。

国際交流サロンの日本間を活かして、床の間にも飾らせていただきました。
こどもたちの素敵な作品をぜひこの機会にご覧ください。
皆さまのご来場を心よりお待ちしております。

投稿者:石川県国際交流協会at 15 :30 | サロン展示 | コメント(0 )