LANGUAGE

Attention

自動翻訳システムによる機械翻訳のため、必ずしも正確な翻訳であるとは限りません。
ご理解の上ご利用ください。

イベント情報

石川国際交流サロンの催し

国際交流施設 2024.06.11

加藤音 千田玲子 二人展

期間 令和6年6月11日(火)~6月16日(日)
内容 自然からイメージを得て制作する二人。
加藤音は、植物の葉そのものを器の表面にあしらった花器や皿など、暮らしを彩る器を作る岐阜県土岐市在住の美濃焼伝統工芸士。
千田玲子は、自然からインスピレーションを得て、主に彫塑のような手法で制作する仙台在住の造形作家です。
美しい庭、部屋を有する石川国際交流サロンにぜひお越し下さい。
問い合わせ 千田玲子
touharareiko@gmail.com
090-1847-2186

「香川から」~伝統からの一歩 香川県の工芸作家作品展~

期間 令和6年6月19日(水)~6月30日(日)
10時~18時 30日は14時まで
内容 この度、ありがたく不思議なご縁により香川県工芸作家の作品を金沢の皆様にご覧いただくことになりました。
登り窯で磁器の土を焼く、地元の木の個性を生かす、和紙の風合いのあかり、漆だけを層に重ねる堆漆、讃岐伝統の保多織り、きもの生地のステンドグラスなど。
香川県は歴史的に工芸が盛んな土地柄です。伝統を大切にしながらも、新しい感性を加えて広がりを見せている作品のご紹介です。この機会にぜひご覧ください
主催 泉谷俊郎
問い合わせ 090-3784-5393
lhtx.au.1046@gmail.com

金沢大学留学生の茶器展

期間 令和6年7月2日(火)~7月7日(日) 10:00~18:00
※2日(火)は13:00~18:00
※7日(日)は10:00~16:00
内容 金沢大学国際日本研究センターは、本学で学ぶ留学生が、日本人学生とともに日本文化を直に学び理解を深めることを目的とした「日本文化・社会学習プログラム」を提供しています。
この展覧会では、2023年度「大樋焼~土と火~」コースにて、十一代大樋長左衛門(大樋年雄)氏ご指導のもとで制作した大樋焼の茶碗などを展示します。
主催 金沢大学 国際日本研究センター
TO PAGE TOP リンク