海外留学体験談

海外での生活ってどんな感じなんだろう?
学校は?ホストファミリーとうまく生活できるかな?
実際に留学を経験してきた先輩に現地での体験談を寄せてもらいました。
これから留学をお考えの方、必見です!

海外留学体験談


韓国の慶煕大学校に留学した宮本千恵美さんの体験談です。

国名 韓国
学校名 慶煕大学校
留学期間 2008年10月〜2010年1月
プログラム名 語学     
種類 私費留学     
留学の動機は何ですか?
韓国文化に興味があり、韓国語を勉強したいと思ったから。 石川県ではカルチャースクールのような教室しかなく、もっと勉強したいと思い留学を決めました。
情報収集はどのようにしましたか。利用した資料、機関などはありますか?また、留学先をどのように決めましたか?
主にネットで調べました。周りに留学経験者もいないのでネットで収集するしか方法が思い付きませんでした。留学をサポートしている協会に申し込みを頼みました。 慶熙大学校に決めた理由は、会話中心で楽しくがモットーだとパンフレットに書いてあったからです。もう学生の年齢でもないので、あまりがつがつした勉強をしたくなかったです。
留学前の準備期間はどれくらいかかりましたか。また、どのような手続きが必要でしたか?
1年以上は資金をためて、それまでは週1回の韓国語教室に通って基本だけは勉強しました。 最初は3ヶ月くらいの留学しか考えていなかったので、ビザなどの申請はしなかったのですが、韓国で延長を決めてから、大学のほうで延長手続きや、韓国の出入国管理署などでビザの更新などをしました。 大学のほうで何かと教えてくれたので、そこまで難しいとは思いませんでした。
現地での生活はどうでしたか?(授業の様子、外国人・日本人の割合、その国の学生との交流等
留学生の半分が中国人で、初級の時は不真面目な生徒も多かったです。でもレベルが上がるにつれて真面目に勉強する生徒が増え、授業もスムーズになっていきました。 日本人の割合は3分の1くらいで比較的多いです。一時期は中国人留学生を超えるくらいでした。 後は東南アジア、ロシア近隣の生徒もいましたが、アメリカ、南米、ヨーロッパはとても少ないです。 外国人の殆どは英語が可能なので、初級が英語で説明されることもあるようで、日本人には苦痛なこともあるようです。 日本人同士で集まってしまう人が多いとは思いますが、外国人に積極的に話しかければ、韓国語以外の言葉も若干勉強で来たり、いろいろな国のことを知ることもできるし、とてもフレンドリーな人が多いです。
宿泊施設は何でしたか?(寮、ホームステイ、アパートなど)また、どのようにして探しましたか?
大学が用意している寄宿舎に最初に申し込みました。  学期ごとに更新しなければいけませんでした。
留学の費用はいくらくらいかかりましたか。(生活費、学費、住居費など)また、お金はどのように管理しましたか?(銀行口座の開設、お金の送金方法・管理方法等)
日本より案外楽に預金通帳を作ることができたので、管理は楽でした。 大学の中にある銀行では、外国人登録書などの登録をしてない人でも、またハンコなどがなくても申請できましたし、銀行側の対応もとても良かったです。 送金はその留学をサポートする協会を通して送ってもらったので、殆ど手数料がかからなかったです。
保険・医療についての手続きで分かることを教えてください。
大学で保険加入が可能だったし、掛け金もそこまで高くなかったです。  日本で加入した保険はいろいろ種類もあったのですが、日本から継続していた病気や症状などには無効だと言われました。  現地で加入したほうが良いと思います。
現地での各種相談先を教えてください。
大学側のサポートが多かったので相談する機関などがあっても利用はしなかったです。  特に留学生を多く扱っている学校機関は、充実したサポートが多いと思いました。  先生方のサポートも良かったので、何かあれば学校側に、慶熙大学校にはドウミという制度があって、学生が留学生を助けてくれるのですが、そのドウミにも相談できます。
治安はどうでしたか?(居住地、都市部など)
ソウルは治安的に良いほうだと思います。
インターネット、E-mailの設定や利用方法について教えてください。
韓国はパソコンをすることが当たり前なので、学校にも施設がありますし、寄宿舎にもネットができるようになっています。申し込むこともなかったです。 街に出ればいたるところにネットカフェがあるので、インターネットで困ることは殆どありませんでした。
帰国後の進路について教えてください。
個人で韓国語教室を開講しています。高校で韓国語の講師として昨年から働き始めました。
後輩へのアドバイス
最近、韓国語を勉強している人も増え、手ごろな価格、旅行感覚で留学できることもあり人気も高いと聞きました。 ただ日本人の傾向として多いのが、日本人同士で集まってしまうということです。日本人だけで行動すると範囲も狭まり、語学も伸びません。 外国人の人たちも違う国の言葉を話すとき、とても緊張するし間違えるのも恥ずかしいと言っていましたが、それでも一生懸命話しているのを見ると、とても勉強になりました。 もともと自分の国の言葉ではないのだから、間違って当たり前と思って話してみてほしいです。 そして、その国に行けばすぐにその国の友達ができるとは思わないことです。 私たちが日本にいて、外国人が珍しいからと言ってすぐに声をかけたり友達になったりしないように、 外国人や韓国の人たちもこちらから話しかけなければ、友達もできないです。 相手が冷たいわけではなく、自分から行動してみる事も大切です。 良く友達ができないと悩んでいる日本人留学生の大半は、自分から行動を起こさない人が大多数です。 なので、思いっきり今までにないことをしてみるつもりで飛び込むことが、友人を作ることにつながり、語学力も上がると思います。 後、韓国に行こうと思う人の中で今の韓流ブームでいろいろな期待をして渡航する人が絶えません。 現地にいて分かることなのですが、日本人目当ての犯罪や、犯罪とまではいかなくとも日本人をだまそうとか、遊んでしまおうとか考える人も少なくなく、被害や泣きを見る人をたくさん見てきました。 韓国は治安的にも日本と非常に似ているし、人々も親密的な感じを受けますが、どこの国にも悪い人がいる事を忘れないでほしいし、過度な期待をしてはいけないと思います。 留学する際、その国で自分が何をしたいのか目標を持って渡航してほしいです。
その他(自由にお書きください)
外国生活はとても良い経験になりましたし、大変なことも多かったのですが、今思えば無駄なことなどなかったように思います。失敗したことも辛かったことも、自分の人生の肥やしになったように思います。 すべての人が留学したことで、それを生かすということは本当に難しいことですが、もし生かせなくても留学というものは特別なことだと思うのです。 東南アジアの生徒たちは自国での教育以上の教育を受けるために留学し、受け入れる国や大学側もいろいろなサポートを行っているようでしたが、それでも選ばれた人しか留学できない現実を見ていると、自分の経験も本当に特別なものだったと感じます。 この体験を大切にし、韓国で培った知識や経験を生かして日韓の架け橋になるような活動もしたいです。 これは未定で気持ちだけなのですが、また留学を考えています。 最初の留学が自分にとってとても心に残った素晴らしい経験だったので、また他の国でもいろいろなことを経験したくなりました。




お問い合わせ先

公益財団法人石川県国際交流協会 留学相談担当
〒920-0853 金沢市本町1-5-3 リファーレ3階
TEL:076-262-5932