海外留学体験談

海外での生活ってどんな感じなんだろう?
学校は?ホストファミリーとうまく生活できるかな?
実際に留学を経験してきた先輩に現地での体験談を寄せてもらいました。
これから留学をお考えの方、必見です!

海外留学体験談


イタリアの国立ペルージャ外国人大学に留学したEさんの体験談です。

国名 イタリア
学校名 国立ペルージャ外国人大学
留学期間 2008年10月〜2009年09月
プログラム名 語学     
種類 私費留学     
留学の動機は何ですか?
約7年前に初めてイタリアを旅行する機会があり、少しでも現地の人と話をしてみたいと思い旅行会話程度の勉強(個人レッスン)を少しだけしました。しかし旅行中全く話せず悔しい思いで帰国し、一から勉強することを決心しました。私は元々イタリアの芸術や食文化、音楽などに興味がありイタリア語を学ぶことでもっと理解が深まると思い、長期の留学を決意しました。
情報収集はどのようにしましたか。利用した資料、機関などはありますか?また、留学先をどのように決めましたか?
主にインターネットを利用しました。留学先はイタリア語教室の先生からアドバイスをいただき、複数の留学先の街の様子や学校の雰囲気などをネットで調べ、最終的にイタリア語の先生が以前留学していたペルージャが最適と思い決めました。石川県にはイタリア留学に関する情報機関がないため、インターネットや知り合いの紹介などで情報を集めました。
留学前の準備期間はどれくらいかかりましたか。また、どのような手続きが必要でしたか?
準備期間は約半年くらいです。留学手続きで一番大変だった事は、留学ビザの申請でした。 イタリアの場合留学ビザが発給されるまで約1カ月かかるという情報があったので、その前に留学ビザ申請に必要な書類の作成をしました。大学の入学申し込みや住居の確保、さらに国際送金などの手続きをすべてイタリア語で行いました。同時に日本でも必要書類を公共機関や銀行などに申請し、全ての書類がそろった後、大阪のイタリア領事館に出向きビザを取得しました。
奨学金の有無やその申請手続きについてについて教えてください。(必要な書類、申請資格、時期など)
奨学金はもらっていません。 
現地での生活はどうでしたか?(授業の様子、外国人・日本人の割合、その国の学生との交流等
私が留学した大学の最初のクラスには日本人は私一人だけだったため、コミュニケーションの手段がイタリア語しかなかったことが自分には幸運でした。しかし1クラスは約10〜多い時で30人くらいなので、自ら積極的に発言しなければ話せませんでした。最初は雰囲気に圧倒されましたが「1年しか時間がない!」と自分に喝をいれ積極的に授業や課外活動に参加しました。学校以外でも積極的に外国人の留学生と交流を持ち彼らと食事や旅行などの行動を共にすることを心がけました。そのことでイタリア以外の国の様子も知ることができ本当に良い体験でした。
宿泊施設は何でしたか?(寮、ホームステイ、アパートなど)また、どのようにして探しましたか?
イタリアではアパートでのルームシェアーが一般的ですが、シェアーする相手との関係もとても大切なのでよく考えて探すことです。 私の場合はイタリアではめずらしいホームステイ様式で、イタリア人の家の1室を借り同居して住んでいました。
留学の費用はいくらくらいかかりましたか。(生活費、学費、住居費など)また、お金はどのように管理しましたか?(銀行口座の開設、お金の送金方法・管理方法等)
お金は日本の銀行で、海外でも引き出せる銀行を利用しました。ビザの関係で預金額は250万円以上が必要だったので、そのくらいは入金しました。学費は3カ月に1回900ユーロ(約10万円)。それを4クール(1年間)行いました。毎月掛かる費用としては住居費と生活費です。住居費は光熱費を含めて350ユーロ(約4万円)でした。生活費はまず自炊だったので食費として1カ月80ユーロ。1週間20ユーロの計算でまとめて購入していました。その他交通費、携帯代なでの必需品は50ユーロくらいでした。イタリアの生活必需品の物価水準はそこまで高くはないので、一人で生活する分には日本のように費用はかかりませんでした。
留学中のアルバイトの経験はありますか。また、週何時間くらいで収入はいくらありましたか。
アルバイはしていません。
保険・医療についての手続きで分かることを教えてください。
海外旅行保険(留学生を対象とした保険)に加入していきました。それもビザ申請に必要でした。保険を利用するような病気やケガ、事故などはありませんでしたが、保険は加入していくことを勧めます。  
現地での各種相談先を教えてください。
留学生の相談を請負う場所は残念ながら大学などにはありませんでした。例えば大学の事に関して聞きたいことがあれば大学の事務所に行って相談し、荷物を日本に送りたいときは郵便局に行き、そこで直接相談していました。あとは同居しているイタリア人や留学仲間に相談していました。  
治安はどうでしたか?(居住地、都市部など)
私の住んでいた街は学生が多かったため、イタリアの中でも治安は良い方だと思います。ただ外国人が多い分、空き巣やひったくり、さらにドラック(違法薬物)の問題はよく耳にしました。ローマやミラノのような都市部の治安は良いとは言えません。観光地では事件も起こりやすいようでいろいろな場所に警察がいました。
取得資格について、どのように勉強したか、困難だったことなどをお書きください。
取得資格はありませんが、3カ月コースが終了すると次のレベルに進む為の試験がありました。出来るだけ上級クラスを目指していたので毎日予習、復習をして、疑問点は次の日先生に質問していました。
インターネット、E-mailの設定や利用方法について教えてください。
私はパソコンを持って行かなかったので、街にあるインターネットカフェをいつも利用していました。日本語閲覧、入力できない機械もあったので、店の人に交渉して入力・閲覧可能にして貰いました。今はWifiが普及しているので、スマートフォンやタブレット端末で簡単に接続できるようです。
帰国後の進路について教えてください。
留学中、イタリアの食文化にとても興味を持ちもう少し極めたいと思いました。今回は語学研修でしたが、これからは語学を生かして食に関係する勉強を現地でしたいと考えています。さらに機会があれば金沢に来たイタリア人観光客の観光案内などのボランティアにも積極的に参加、協力したいと思います。
後輩へのアドバイス
私が留学をした1年間は今でも忘れられない思い出です。外国での生活は日本では考えられない事も多々起こり、ただ楽しいだけではありません。なにか事件や事故が起これば「すべて自己責任」が基本です。しかし不便だからこそ、日本で生活していては感じられない小さな事でも喜びを感じることができ、日々の経験が大きな自信に繋がります。海外留学は自分を成長させるチャンスの1つだと思います。何があっても最後までやり遂げることです!




お問い合わせ先

公益財団法人石川県国際交流協会 留学相談担当
〒920-0853 金沢市本町1-5-3 リファーレ3階
TEL:076-262-5932