IJSC 財団法人 石川県国際交流協会 石川県日本語・日本文化研修センター
menu
ホームセンター概要 石川ジャパニーズ・スタディーズ・プログラムホストファミリーボランティア募集日本語教育研修講座日本語を教えたい人のための基礎講座IFIE日本語教室石川県の日本語教室スピーチコンテストアクセス
 

Home  >  石川ジャパニーズ・スタディーズ・プログラム

石川(いしかわ)ジャパニーズ・スタディーズ・プログラム

IJSPの3つの要素である日本語授業、日本文化体験そしてホームステイの様子を見ることができます。

日本(石川県)に滞在しながら短期集中で日本語と日本文化を学ぶプログラムです。。。
この扉は世界中の人々に開かれており、今までに、世界各国の大学や公的機関などから多くの人が参加しています。IJSPの詳細はこちら日本語(Japanese)をクリックしてください。
英語(English)中国語簡体(Chinese)中国語台湾(Tiwanese)韓国語(Korean)フランス語(French)ポルトガル語(Portuguese)タイ語(Thai)ベトナム語(Vietnamese)ロシア語(Russian)イタリア語(Italian)、スペイン語(Spanish)、ドイツ語(German)ハンガリー語(Hungarian) インドネシア語(Indonesian)ミャンマー語(Burmese)は各言語名をクリックしてください。

プログラムは、
  • 日本語の授業
  • 日本文化の体験
  • 日本人家庭でのホームステイ
から成り立ち、派遣大学の正規の単位として認定されるなど高い評価を受けています。また、石川県が推進する国際交流事業の一環に位置づけられている信頼できるプログラムです。


    対象
  • ユースプログラム    日本語を学ぶ高校生グループ
  • 大学生プログラム    大学等の教育機関で日本語を専攻する学生グループ
  • ビジネスプログラム  日本語を学ぶ社会人グループ
    ※研修の申込みは、高校・大学等の公的教育機関及びそれに準ずる機関を通じて受け付けています。
    ※個人単位での直接の申込みは受け付けておりませんので、あらかじめご了承ください。


    プログラムの内容
日本語の授業
 学習者の日本語レベルに応じてクラス分けし、初級から上級、ビジネスなどの専門クラスまで、経験豊かな教授陣がわかりやすく親切に指導します。習熟度・到達目標に合わせて、一般的な教材・独自開発した教材・新聞・雑誌・ビデオなどを活用するので、生きた日本語を確実に身につけることができます。

 また、世界中からの受講生のために、学習ニーズに合わせた独自シラバス・カリキュラムの開発、教授法の研究を行うなど、常に教育内容の充実に努めています。

日本文化の体験
 当プログラムでは、日本への理解を深めるために様々な文化活動を体験することができます。

 石川県には、日本の伝統文化や豊かな自然が現在でも数多く残されています。希望に応じて、茶道・書道・華道・坐禅・陶芸・金箔貼り・篆刻(てんこく)などを選択し、体験することができます。また、石川県内の文化施設や美しい自然に触れる研修旅行も企画しています。

 石川県の魅力を存分に体験することで、あなたはきっと本当の日本の姿に出会うことでしょう。

日本人家庭でのホームステイ
 研修期間中の宿泊はホームステイとなります。親切で楽しいホストファミリーが迎えてくれます。

 日本の家族の一員として暮らす毎日は、生きた日本語を身につける有効な近道であると同時に、日本の社会と文化に対する理解を深める絶好の機会です。

 また、家族との心のふれあいは、貴重な人生経験になることでしょう。

 真の国際交流は、人と人との心のふれあいから始まるもの ― 私たちはそう信じて、ホームステイを当プログラムの重要な要素としています。


    プログラムの特典
  • ユースプログラム及び大学生プログラムの受講生には、石川県から奨励金が与えられます。(研修期間が4週間以上で学生の場合に限ります。)
  • 授業料の一部、文化体験に係る講師謝金、研修旅行の費用の一部などが石川県から助成されます。
  • 「いしかわ同窓会」に入会できます。会員には、文化芸術・観光イベント・産業経済など、石川県の最新情報がEmailニュース「News from IAA」で提供されます。

    プログラム実施の流れ(例)
研修期間・人数の決定など
合意書の締結
[研修開始8週前]
研修生データの送付
[研修開始2週~4週前]
研修日程・ホストファミリーの決定
研修の実施
研修費用の精算、日本語授業報告書の送付など

※実際には、上記の流れと異なることもありますので、あらかじめご了承ください。


Copyright (C) ISHIKAWA JAPANESE STUDIES CENTER All rights reserved.