ISHIKAWA INTERNATIONAL SALON

石川国際交流サロン

催事の案内

                   第四回「季(とき)にあひたる」 和のしつらい 洋のしつらい 〜きぼう〜

期間
内容
令和3年9月21日(火)〜令和3年10月3日(日)    
移ろいゆく季節、めぐりくる季節、季(とき)の中で鮮やかに姿を変える風景、 折々の行事、そのひとつひとつを丁寧にしつらい 客や家族を楽しませてきた金沢職人たちの匠の技は、陶磁器、漆器、水引、和菓子に生かされ、しつらいに「祝(ことほ)ぎ」や「涼やかさ」や「きぼう」演出してくれます。 日本を表現する「和」には「なごやかなこと」「おだやかなこと」「仲よくすること」の意味があります。 異国の風物や行事を「季(とき)にあひたる」として巧みに取り入れてきたのでしょう。大正末期に建てられた民家にて「きぼう」と題し和のしつらい、 洋のしつらいにて皆さまをお迎え申し上げます。 
主催者
暮らしの中に和魂洋才 WAKONN 早川 由紀
問い合わせ
早川 由紀  https://www.wakonn.jp/ 

                   インスタレーション 3人展・大場 吉美・三井 泰子・齋藤 久子

期間
内容
令和3年10月5日(火)〜令和3年10月17日(日)    
今回もサロンが持つ強い空間パワーにインスタレーションで挑戦 します。
3人3様今迄追求してきた表現を掘り下げ広げたいと思っています。 この和の空間とインスタレーションする事で新しい発見やおもしろい心の遊びを 作品の中で息づかせる事ができるか、挑みました。
主催者
大場 吉美
問い合わせ
金沢市粟崎町2−86
TEL: 076−238−3096
 大場 吉美・齋藤 久子  

                   甲冑とその周辺美

期間
内容
令和3年10月19日(火)〜令和3年10月24日(日)    
来日30有余年、京都から世界中の著名な美術館、コレクターに日本の甲冑を紹介 し続けるイギリス人、ロバートウィンターの甲冑とその周辺美術をご紹介する展示です。 
日本の甲冑とは日本人の美意識、想像力それらを体現できる高い芸術性、技術力の 結晶です。 総合芸術作品として世界中で高い評価を受けており国際的な美術館の多くは日本美術 の中心に甲冑を置くほどです。日本では初めての展示を加賀甲冑の故郷で。
主催者
Winter Japanese Art
問い合わせ
〒604-8842
京都市中京区壬生土居ノ内町24 ウィンタージャパニーズアート
 info@winterjapaneseart.com   

                   漆芸界の異次元で生きる 更谷富造 展

期間
内容
令和3年10月26日(火)〜令和3年10月31日(日)    
お箸と箸箱を主体に展示します。漆の素材は抗菌効果があり、箸箱は自身で衛生管理 ができ、感染症対策になります。
箸箱には煤竹を使用し、100%日本製を実現しています。また、蒔絵技術を使用する 事によって、後継者育成にもなります。
純日本文化の復活で、おさらば使い捨て文化及びCORONA。  
主催者
 更谷 富造
問い合わせ
 TEL:080−5762−2542
ホストファミリー募集!

MENU

IFIE紹介 協会概要 事業紹介 研修室等の利用案内 国際交流員の紹介 JICA国際協力推進員の紹介 E-mail会員募集 協会の刊行物 世界の民族衣装の貸出 国旗の貸出 オーストラリア体験セット貸出 アクセス
公益財団法人
石川県国際交流協会

920-0853
石川県金沢市本町1丁目5番3号
リファーレ3階

MAP 拡大地図を表示

TEL:076-262-5931
FAX:076-263-5931

Email:center@ifie.or.jp